劇団四季「ライオンキング」の子役2人、学びと夢見つけた初舞台

有料会員記事

聞き手・小原智恵
[PR]

 14年ぶりに名古屋で上演されている劇団四季のミュージカル「ライオンキング」では、東海地方からオーディションで選ばれた子役が活躍している。新型コロナウイルスの影響で昨年3月の開演直後に一時休演しながらも、ロングラン上演中だ。

 主人公の子ども時代であるヤングシンバ役の奥田航史郎さん=岐阜市=と、幼なじみのヤングナラ役の石川華さん=愛知県岡崎市=は、共に現在小学6年生。2019年の1回目のオーディションに合格した。

 舞台初挑戦となる奥田さんは、ディズニーアニメの「ライオンキング」が好きで何度もみていた。劇団四季の舞台版があると知り、「どうやって人間がやるんだろう」と思ったという。

劇団四季「ライオンキング」は名古屋四季劇場で来年5月15日まで上演。記事後半では奥山さん、石川さんの舞台で頑張ってきたこと、学んだことを一問一答でお届けします。

 ダンス経験がある石川さんは「東京で劇団四季のライオンキングを見てすぐにヤングナラになりたいと思った」。タイミングよく名古屋で始まったオーディションを受けたという。

 昨年3月の開演から舞台に立った石川さんは「ヤングナラに入り込んでいた」という。しかし、コロナの影響で数回で休演になってしまった。舞台は昨年7月に再開した。「再開後は泣いている人もいて、やっていてよかったなと感じた」と振り返る。

 再開後の昨年7月が舞台デビューだった奥田さんは、「初めてで、緊張より心配が大きかった」という。気持ちを整え、そこまで緊張せずに初舞台を踏んだ。

 再開後、2人は週に1、2回出演してきた。「大人の俳優さんたちが同じ演出であっても毎回しっかりと台本を読み、ミスがないところにあこがれる」と、舞台を通してたくさんの学びがあるという。

 石川さんは劇団四季の俳優、奥田さんは音楽関係の仕事をしたいと将来の夢も見つけた。

 石川さんは「ヤングナラは物語が進んでいくなかで成長していく。『弔い』というシーンに注目してほしい」。奥田さんは「僕たちが成長していくと、毎回の舞台に変化があって楽しいと思うので、そういうところも見てほしい」と話す。

 名古屋四季劇場(名古屋市中村区名駅南2丁目)で平日1公演、土日祝は2公演の日もある。12月までのチケットを販売している。スケジュールやチケットの詳細、出演者の予定などは劇団四季ウェブサイト(https://www.shiki.jp/別ウインドウで開きます)へ。ライオンキングは、来年5月15日まで。

奥田さん、石川さん 舞台に挑戦した理由は

 劇団四季ミュージカル「ライ…

この記事は有料会員記事です。残り1836文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら