人目ない場所選びいきなり襲撃か 容疑の大学生「誰でもよかった」

有料会員記事

大村久、榎本瑞希
[PR]

 佐賀県鳥栖市で起きた女性殺害事件で、殺人容疑で逮捕された長崎大学4年の山口鴻志(こうし)容疑者(25)が「殺せるなら誰でもよかった」という趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材でわかった。被害者の大塚千種さん(79)は頭部以外に目立った外傷はなく、争った形跡もないため、佐賀県警は山口容疑者がいきなり襲いかかった可能性もあるとみている。

 県警によると、山口容疑者は10日午後1時ごろ、鳥栖市酒井東町の民家敷地で、大塚さんの頭を鈍器で複数回殴って殺害した疑いがある。13日昼に大分中央署(大分市)に自首し、14日未明に殺人容疑で逮捕された。

 大塚さんは当時、親類宅の敷地で1人で除草作業をしていた。捜査関係者らによると、額と後頭部に傷があったが、腕などには目立った外傷はなく、奪われた所持品もなかった。山口容疑者は「現場は初めて訪れた」と話しているといい、県警は人目につかない場所を選んだとみている。

 山口容疑者は9日夜、住んでいた長崎市から福岡市に移動し、宿泊。10日にタクシーで鳥栖市へ向かった。商業施設に行くよう伝えたが、運転手が場所を知らず、市役所の看板が見えたところで「この辺でいいですよ」と降りた。その後、徒歩でJR鳥栖駅方面へ向かったとみられる。

 事件現場は市役所付近から直線で数キロ。山口容疑者は事件後に服を着替えたと供述しており、県警は事件前、服を購入するために商業施設に向かおうとした可能性があるとみている。

 一方、長崎市の山口容疑者の自宅マンションでは事件前日の9日夜、ぼや騒ぎがあった。長崎県警が放火の疑いもあるとみて捜査している。山口容疑者の関係者からは行方不明者届が出されていたといい、両県警は共同捜査を始めた。

 佐賀県警は逮捕時の発表では…

この記事は有料会員記事です。残り453文字有料会員になると続きをお読みいただけます。