中国がTPP加盟を正式に申請 関係者「交渉の道のりまだ遠い」

有料会員記事

北京=西山明宏
[PR]

 中国商務省は16日夜、環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を正式に申請したと発表した。昨年11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議で、習近平(シーチンピン)国家主席が加盟の意向を表明していた。ただ加盟交渉が順調に進むかは見通せない。

 商務省は同日に加盟国のニュージーランドに正式な加盟申請書を送ったと明らかにした上で、加盟に向けた今後の手続きで両国は連絡を取り合うとした。今後TPPの加盟国が実際に中国と加盟の交渉を始めるかどうかを決めることになる。中国政府関係者は「交渉するのはこれからであって、道のりはまだ遠いと思っている」と話す。

 習氏は昨年11月、オンラインで出席したAPECの首脳会議で「TPPに加入することを積極的に考えている」と述べ、加盟する意向を表明した。米国がTPPから離脱する一方、中国は地域的包括的経済連携(RCEP)の署名にこぎつけた。さらにアジアで経済的な影響力を高めようと、次にTPPに狙いを定めたとみられる。

 ただ、今後加盟に向けた交渉…

この記事は有料会員記事です。残り224文字有料会員になると続きをお読みいただけます。