米報道官「TPP入りには多くの手順が必要」 政権基盤の弱さを反映

有料会員記事

ワシントン=青山直篤
[PR]

 中国が環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を正式申請したことをめぐり、米バイデン政権のサキ大統領報道官は16日の記者会見で、米国の対応について「(米国のTPP復帰が)実現可能な選択肢になるには、多くの手順が必要になる」と述べた。

 TPPにはもともと、中国を牽制(けんせい)し、日米でアジアの通商ルールづくりを主導する狙いがあっただけに、米国では警戒感をもって受け止められている。ただ、国内基盤が弱い米政権にとって、賛否をめぐり世論が激しく割れるTPPへの復帰を打ち出すのは政治的なリスクが大きく、身動きが取れない状況にある。

 サキ氏は「当初推進されていたような形ではTPPに復帰しない、というバイデン大統領の姿勢はずっと明確だ」と改めて強調。「インド太平洋地域の(中国以外の)他国と引き続き連携を進め、仮に(TPPの)再交渉の機会があれば、加わることになる」とも述べたが、「再交渉」の具体的な見通しはない。

 バイデン大統領はかつて、オ…

この記事は有料会員記事です。残り709文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら