立憲・枝野氏、総裁選に「本来の仕事は国会。17時以降にやって」 

自民党総裁選2021立憲

[PR]

 立憲民主党枝野幸男代表は記者団から自民党総裁選について問われ、党総裁選は首相選びの「準決勝」だと位置づけた。その上で、「(準決勝に)誰が出てくるとか、誰が出てきたらどうなるのかなんていうことを話す監督はいない。誰が出てきても、我々のできることをやる。決勝戦に向けてしっかりと準備を進めることに尽きる」と、改めて衆院選に向けた決意を語った。

 また「国会議員の仕事は国会にある。9時から5時までは本来の仕事をして、(総裁選は)午後5時以降にやっていただきたい」とも述べた。

 枝野氏は同時に、新型コロナウイルス感染症から子どもを守るため政府への緊急提言を発表。保育士や教職員らへのワクチン優先接種や休校時の子どもの居場所の確保などを盛り込んだ。「政府としてこれを緊急に行うことが今何より求められている」と指摘した。