台風14号、夕方にも九州上陸 あすにかけ東日本にも 広範囲に大雨

[PR]

 台風14号は17日夕から夜のはじめごろ、九州北部に上陸する見通し。気象庁によると、18日にかけて四国や近畿などを通過し、東日本の太平洋側を進むとみられる。西日本から北日本の広い範囲で大雨となるおそれがある。

 17日午前10時現在、長崎県五島市の西北西約110キロを東北東へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。西日本から東日本の広範囲で18日にかけて非常に強い風が吹き、予想される最大風速は九州北部25メートル、中国、四国、近畿23メートル、九州南部、東海、関東甲信、北海道で20メートル。

 また、台風と前線の影響で西日本では17日、東日本では18日を中心に非常に激しい雨となる見込み。18日正午までの24時間で予想される雨量は、多いところで四国300ミリ、東海250ミリ、近畿、関東甲信200ミリ。19日正午までの24時間では東海100~200ミリ、関東甲信100~150ミリ。