ワインなきフランス料理、意外な飲み物と 「酒NG」で高級店も工夫

有料会員記事

佐藤英彬
写真・図版
ひらまつが運営するフランス料理店「オーベルジュ・ド・リル・トーキョー」。建物は欧州から移築された=2021年9月7日午前11時30分、東京都港区、佐藤英彬撮影
[PR]

 ワインなしで、フランス料理のフルコースを――。新型コロナ対応で「お酒なし」の営業を求められた飲食店などが、そんなノンアルコールの活用策に乗り出している。とはいえ、他にどんな飲み物がフレンチに合うのか。東京都内の高級店をのぞいてみると、そこで提供されていたのは――。

 欧州の一軒家をわざわざ移築した、貴族の邸宅のような建物が目を引く「オーベルジュ・ド・リル・トーキョー」(東京・六本木)。全国にフランス料理店などを展開する「ひらまつ」の旗艦店の一つだ。

「料理に合う」ソムリエも太鼓判

 その店内で9月上旬、背筋を…

この記事は有料会員記事です。残り1364文字有料会員になると続きをお読みいただけます。