12歳長女を強姦、実父の逆転有罪が確定へ 最高裁

阿部峻介
[PR]

 2017年に当時12歳の長女を強姦(ごうかん)した罪などに問われた実父の上告審で、最高裁第二小法廷(三浦守裁判長)は実父側の上告を退けた。懲役7年の逆転有罪とした二審判決が確定する。15日付の決定で、実父側の主張は「上告理由に当たらない」とだけ述べた。

 一審・静岡地裁は、実父の性暴力が約2年続いたという長女の証言について、隣で寝ていた次女や隣室の妻らが気付かないのは「不自然」と指摘。強姦罪を無罪とし、児童ポルノ動画を持っていた罪で罰金10万円とした。

 だが二審・東京高裁は「泣くと(実父が)怒るから、痛くても声を出さずに泣いた」という長女の証言を否定した一審の判断は不当で、性被害で生じたとみられる傷もあると指摘。逆転有罪としていた。

 一審判決があった19年3月には別の性犯罪で3件の無罪判決が出て、花を手に性暴力の根絶を訴える「フラワーデモ」が起きた。このうち2件は逆転有罪が最高裁で確定している。(阿部峻介)