台風14号、福岡県に上陸 18日夜に温帯低気圧へ

吉沢英将
[PR]

 台風14号は17日午後7時前、福岡県福津市付近に上陸した。18日は非常に激しい雨をもたらしながら四国、近畿を通過して東日本へ進み、夜には温帯低気圧に変わるとみられる。気象庁は、西日本から東日本で土砂災害への厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風14号は17日午後7時時点で、福岡県福津市付近を東北東へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は25メートルで、最大瞬間風速は35メートル。台風が最初に福岡県に上陸するのは観測記録が残る1951年以降、初めてだという。

 台風の影響で西日本は17日、荒天となった。長崎県壱岐市では午後6時に最大瞬間風速34・5メートル、佐賀市では午後4時すぎ、33・5メートルを記録。1時間の降水量高知県四万十市で午前6時ごろまでに69・5ミリ、長崎県対馬市では午後3時半ごろまでに50・5ミリを観測した。

 18日午後6時までに予想される24時間雨量は、多いところで四国300ミリ、東海250ミリ、近畿、関東甲信200ミリ、中国150ミリ。19日午後6時までの24時間では東海と関東甲信で100~150ミリ。

 18日にかけて予想される最大風速は九州北部25メートル、四国、中国、近畿23メートル、九州南部、東海20メートル。(吉沢英将)