地方票ねらう、河野太郎氏と野田聖子氏 民意への「寄り添い」強調

有料会員記事自民党総裁選2021自民

坂本純也、野平悠一
[PR]

 自民党総裁選が17日、告示された。4候補のうち、世論に近いとされる地方票の支持を国会議員票の拡大につなげたいのが、河野太郎行政改革担当相と野田聖子幹事長代行だ。初日の論戦に、ターゲットが重なる両氏の陣営では期待と不安が交錯した。

 4候補のなかで最初に所見発表演説会に立った河野太郎行政改革担当相が、冒頭に掲げたのは「国民に共感していただける政治」だった。

 新型コロナ対応で、自らワク…

この記事は有料会員記事です。残り1172文字有料会員になると続きをお読みいただけます。