菅首相、河野氏支持を表明 コロナワクチン対策を評価

自民自民党総裁選2021

小手川太朗
[PR]

 自民党総裁選をめぐり、菅義偉首相は17日、首相官邸で記者団に、「国難の中で大きな成果を上げてくれた。コロナ対策は継続が極めて大事だ。そうしたことを考えて、河野さんを支持する」と述べ、ワクチン接種を担当する河野太郎行政改革相を支持することを明らかにした。

 首相は、世界でワクチン争奪戦が起きるなか、国内向けのワクチンを確保したり、「打ち手」不足を解消するため歯科医師や救急救命士も打てるように規制緩和を行ったりした河野氏の対応を挙げ、「そうした計画を私のもとでつくってくれた」と持ち上げた。

 退陣を決めた現職の首相が、特定候補を支持することについて、記者団から「総裁選に影響を与えるのでは」と問われたが、首相は「一日も早く、一人でも多くの方にワクチンを接種したい、そういう思いの中で成果を上げてくれた。そうしたことを私は大事にしたい」と答えた。

 首相はまた、候補者4人の所見発表演説について「この国のリーダーにふさわしい覚悟と責任、そうした思いで演説されたと思う」と感想を述べた。(小手川太朗)