「2人が愛した私らしく生きたい」 池袋暴走・判決確定、遺族が会見

有料会員記事

新屋絵理
[PR]

 東京・池袋で2019年4月、暴走した乗用車で母子が死亡、9人が重軽傷を負った事故で、車を運転した旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(90)に東京地裁が言い渡した禁錮5年の実刑判決が確定した。検察と被告が期限の16日までに控訴しなかった。飯塚被告は近く収容されるとみられる。

 妻の真菜さん(当時31)と長女の莉子ちゃん(同3)を事故で失った松永拓也さん(35)は17日に東京都内で会見し、飯塚被告から直接の謝罪はないと説明したうえで、「(被告が)罪と向き合う時間にしてほしい」と語った。

 松永さんら遺族の会見の主な内容は以下のとおり。

妻子失った松永さん 「罪と向き合う時間にして」

【判決確定について】

 何よりも知りたいのは、過失を認めたうえでの控訴断念なのかということ。「自分の過失だ」という一言があればどれほど救いになったか。その一言が聞けなかったのが非常に残念。だが、刑務所に入ると決めたなら、それを尊重し、罪と向き合う時間にしてくれたらと思う。

【今後について】

 この事故を教訓に、未来に起こりうる事故防ぐことが大事だと思う。被告を誹謗(ひぼう)中傷し続けることは本質ではない。どうすれば事故が防げるか、みなさまと一緒に考えたい。交通社会で生きる以上、誰しも真菜と莉子のように被害者にも、私のように遺族にも、そして加害者にもなりうる。そのどれにもなってほしくない。

【飯塚被告への誹謗中傷などについて】

 判決では、飯塚被告が過度な社会的制裁を受けたことが(量刑を決める際に)被告に有利な事情のひとつになった。社会で健全な議論がなされるのは大事だが、脅迫は望んでいない。私自身もネットで中傷された。被害者も加害者も中傷されない世の中になればいい。

【真菜さんと莉子ちゃんへの思い】

 2人に出会えて幸せだった。心から愛していると伝えたい。交通事故を一つでも減らすことができたよ、と自分の命が尽きるときに言えるように生きたい。裁判が終わった今、やっと、争いではなく、2人の愛してくれた私らしく生きていける。2人の愛してくれた僕に戻って生きたい。

この記事は有料会員記事です。残り423文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら