米軍が誤爆を認めて謝罪、賠償を検討 カブール、子供ら10人が犠牲

有料会員記事アフガニスタン情勢

ワシントン=高野遼
[PR]

 アフガニスタンの首都カブールで8月29日に米軍が実施した空爆について、米中央軍のマッケンジー司令官は17日、誤爆だったと認め、「空港に対する差し迫った脅威を防ぐための空爆だったが、間違いだった。心から謝罪する」と述べた。子供7人を含む民間人10人が犠牲になっており、遺族らに賠償金の支払いを検討しているという。

 マッケンジー氏の同日の会見によると、8月26日にカブールの国際空港で起きた爆破テロを受け、米軍は過激派組織「イスラム国」(IS)の支部組織による追加攻撃を警戒。その中で、「白いトヨタカローラ」が次の攻撃に使われるとの情報を入手し、IS関連の拠点とみた施設に29日朝、白のカローラが現れたことから追跡を開始した。

 8時間にわたる追跡の結果、車が立ち寄った先で爆発物が積み込まれたと判断。その後、車が空港から3キロまで近づいて空港への攻撃の恐れが高まったと判断し、空爆に踏み切った。車に乗っていたのは米国に拠点を置く慈善団体の現地職員ゼマリ・アフマディ氏で、IS支部組織とは何の関係もなく、勤務先から帰宅したところだったという。近くにいた子供たちも巻き添えになったとみられる。

 マッケンジー氏は「空爆の時…

この記事は有料会員記事です。残り278文字有料会員になると続きをお読みいただけます。