台風14号、列島横断 各地で非常に激しい雨、土砂災害などに警戒

吉沢英将
[PR]

 福岡県に上陸して列島を横断している台風14号は18日午前、四国を通過して和歌山県に再上陸した。東日本の太平洋側に非常に激しい雨を降らせている。気象庁土砂災害や低い土地の浸水などに警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風14号は18日午前10時現在、三重県鳥羽市付近にあり、中心気圧は1千ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速25メートル。18日午後には東海の太平洋沖で温帯低気圧に変わり、19日にかけて伊豆諸島付近を通過する見込み。

 台風の影響で、西日本から東日本の広い範囲で18日未明から朝にかけて非常に激しい雨が降った。1時間の降水量兵庫県洲本市で79・0ミリ、三重県熊野市で78・5ミリ、神奈川県海老名市で65・5ミリを観測。東京都心でも31・5ミリに達した。風も強く、高知県室戸市では午前2時前、最大瞬間風速28・0メートルを記録した。

 19日正午までに予想される24時間雨量は、多いところで関東甲信150ミリ、東海80ミリ。(吉沢英将)