• アピタル

3回目接種、65歳以上とリスク高い人に限定 米FDA諮問委が勧告

新型コロナウイルス

ワシントン=合田禄
[PR]

 米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は17日、ファイザー製の新型コロナワクチンの3回目接種について、2回目の接種から6カ月後に65歳以上や感染リスクが高い人に限って、緊急使用許可の対象とするよう勧告した。

 3回目接種は「ブースター接種」と呼ばれ、予防効果を高めるのが目的。ファイザー社はFDAに、16歳以上を対象にした3回目の接種を認めるよう申請していた。

 諮問委では、同社が提供したデータや、イスラエルで3回接種した人たちの状況が報告されたが、有効性や安全性のデータが十分でないことなどを理由に、16歳以上の全員を対象とする3回目接種に大半の委員が反対した。一方で、2回目接種から6カ月経過した65歳以上や感染リスクが高い医療従事者らに限り、3回目接種の緊急使用許可を出すことには全員一致で賛成した。

 ブースター接種をめぐっては、米バイデン政権が8月下旬、FDAが承認すれば、ワクチンを2回接種した18歳以上の人を対象に9月20日から開始する方針を明らかにしていた。FDAは諮問委の勧告に従わなくてもよいが、尊重するとみられ、米政権の接種計画にも影響しそうだ。(ワシントン=合田禄)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]