グリーンデザイン界の「ジョブズ」によるアリーナ 企画参加の真意は

会員記事

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 気候危機対策として、米アマゾンがワシントン州シアトルにある会場の命名権ネーミングライツ)を購入し「クライメート・プレッジ・アリーナ(気候への誓約会場)」と名付けた。改修中の会場には環境に優しい側面が多数加えられている。デザインを手がけた「グリーンビルディング界のスティーブ・ジョブズ」とも呼ばれるジェーソン・マクレナンさん(48)に、会場の魅力を聞いた。

 ――企画に参加するきっかけを教えてください。

 「プロジェクトの責任者で、北米アイスホッケーリーグNHLのシアトル・クラーケンでCEO(最高経営責任者)を務めるトッド・レウィッキー氏とは昔からの知り合いで、一緒に仕事をした経験もあった。最もグリーンな(環境に優しい)会場をつくるということで連絡をもらい、計画を練ることになった」

 ――アマゾンが商品や会社の名前をつけず、誓いを名称にしたことについては。

 「素晴らしい名前だ。大企業が自分たちの使命を声明にした。気候変動の対策を前面に押し出して、ファンや一般の人々に伝わりやすくした。このような試みがもっと必要だ」

 ――会場はユニークな側面がたくさんあると聞いています。強調する点は。

 「一番大きいのは建物が『カーボンゼロ』として認証されていることだ。運営面で脱炭素を実施している。化石燃料天然ガスも一切使わない。電力は全て再生エネルギーを使う」

 「重さ約2万トンの屋根を残し、老朽化した施設が生まれ変わる。施設内のものを捨てずに再利用し、中を新しくする。究極のリサイクル企画ともいえる」

 ――アイスリンクも含め「エコ」と聞いています。

 「雨水をためてリンクをつくり、整氷車はガソリンではなく電動式を使う。施設内で販売される飲食物は大半が地域内で生産され、廃棄物ゼロや、使い捨てプラスチック廃止の目標もある。様々な足跡が残る大きなプロジェクトだ」

方針転換でデザインも大幅に見直し

 ――デザインする上で難しかった点はどこですか。

 「もともとは他の競技場のよ…

この記事は会員記事です。残り1041文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら