登板回避の大谷翔平、ブルペンで32球 右腕の張り、大事に至らずか

[PR]

 右腕の張りを訴え、17日の先発登板を取りやめていた大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が同日、ブルペンに入った。本拠アナハイムでのアスレチックス戦の前に32球を投げた。これまでのブルペンと同じように全力では投げることはなく、直球のほか、スライダーやスプリットを投げてしっかりと右腕や体の状態を確認していた。次回の登板予定は未定のままだが、右腕の状態が大事には至っていない様子だった。