悪役はじけ輝く剣豪 宝塚で「柳生忍法帖」開幕 愛月ひかるの集大成

写真・図版
星組公演「柳生忍法帖」。柳生十兵衛を好演するトップスター礼真琴=滝沢美穂子撮影
[PR]

 悪役がいてこそ、ヒーローも輝く。9月18日に宝塚大劇場兵庫県宝塚市)で開幕した「柳生忍法帖(ちょう)」は、退団を控える愛月(あいづき)ひかるを筆頭に、星組の血気盛んなワルたちが荒くれている。

 山田風太郎の同名小説を下敷きに、大野拓史が脚本と演出を担当した。江戸に生きた剣豪・柳生十兵衛を、トップスターの礼真琴(れいまこと)が爽やかに好演している。

不気味な黒幕、愛月ひかるの真骨頂

 十兵衛は、家族のあだ討ちを狙う女性たちに軍学を教え、一歩身を引いて見守る優しきヒーロー。おちゃらけて場を和ませつつ、ここぞという時は助太刀をする。礼の麗しの低音と節回しは秀逸で、セリフも歌のようになめらかに耳に流れ込んでくる。

 対するのが、瀬央(せお)ゆりあら扮する「会津七本槍(あいづしちほんやり)」と呼ばれる7人の荒くれ者。そして彼らを束ねる黒幕が、愛月演じる芦名銅伯(あしなどうはく)だ。100歳を超えて不死身。ドクロマークの躍る着物で、不敵な笑みを浮かべ、不気味な雰囲気だ。

写真・図版
息のあった演技を見せる(左から)礼真琴、舞空瞳、愛月ひかる=滝沢美穂子撮影

 初っぱなから、舞台中央にどっしりと立つ。真っ白い顔に、鋭い眼光が浮かぶ。何を考えているのか分からない末恐ろしさよ。

 中盤では、一族の因縁を歌うソロに続いて、長髪と剣を振り乱して踊る。そして、ぴたりと止まって何小節もやりすごす。ただそこに存在しているだけで、匂い立つ悪の華。さすが数々の敵役をものにしてきた「悪役専科」の真骨頂だ。

ゆらを演じた舞空瞳、「七本槍」の男役たちにも注目です。記事後半はショーのお話も。

 芦名の娘ゆらを演じたトップ…

この記事は有料会員記事です。残り800文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら