今年はオンライン開催へ さっぽろレインボープライド ネットで中継

川村さくら
[PR]

 性的少数者らが札幌市でパレードなどを行う「さっぽろレインボープライド」(https://www.sprrainbowpride.com/別ウインドウで開きます)が19日、オンラインで開かれる。今回は新型コロナウイルス対策のため一般のパレード参加はなく、歴代の実行委員がパレードする。このほかトークショーなどがあり、一連の催しは同名のYouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCKB3rl1Q_57VJUtR_cFWxGA別ウインドウで開きます)で中継される。

 催しは午後1時に開幕し、札幌でのパレードの歴史をたどるクイズの後、午後2~3時にパレードがある。午後3時からはトランスジェンダーの渕上綾子道議や性的少数者に関する活動をする団体のトークショー。午後3時50分からは札幌地裁違憲判決が出た同性婚訴訟の原告の男性カップルと弁護団が登壇する。

 パレードは今年で25周年を迎える。緊急事態宣言の延長でオンライン開催となり、実行委員長の柳谷由美さん(35)は「一般参加のパレードがなく、不特定多数にメッセージを届けるのは難しいが、遠方の人もネットで参加できるプラス面もある」と話している。(川村さくら)