なぜいま? 阪神タイガース、矢野監督に続投要請した理由とは

[PR]

 他球団に先がけ、阪神が優勝争いの真っただ中で矢野燿大監督に続投要請した。今季が3年契約の最終年。監督も前向きな姿勢を示し、大筋で合意していることをうかがわせた。

 就任から3年連続のAクラスは確実。阪神の監督としては1962~65年の藤本定義以来(61年はシーズン途中から指揮)だ。監督への評価の高さはもちろんだが、注目される人気球団ゆえの「雑音」を封じ、残り試合に集中させたいという狙いが透けて見える。

 近本光司、中野拓夢、佐藤輝…

この記事は有料会員記事です。残り444文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

#KANSAI

#KANSAI

近畿の魅力を再発見する新企画。社会・経済から文化・スポーツまで、地元愛あふれるコンテンツをお届けします。[記事一覧へ]