中国軍、台湾の西南沖で実戦演習 米駆逐艦が海峡通過した翌日に

北京=高田正幸
[PR]

 中国軍で台湾などを管轄する東部戦区は18日、台湾の西南沖で海軍と空軍による実戦演習を17日に実施したと発表した。具体的な演習の内容や規模は明らかにされていないが、同戦区は海空軍の統合作戦能力の向上が目的としたうえで、「台湾海峡の情勢に応じて(演習を)常態化する」としている。

 東部戦区はこの日、米駆逐艦が17日に台湾海峡を通過したとする米海軍第7艦隊の同日の発表について、「米国が台湾の平和と安定を破壊していることを明らかにしている」などとする声明も出した。中国軍関係者は東部戦区が演習を発表したことについて、「米軍の動きに応じたものだ」と話している。(北京=高田正幸)