温室効果ガスのメタン「30年までに3割削減」 バイデン氏が提案

会員記事

ワシントン=合田禄
[PR]

 バイデン米大統領は17日、気候変動対策に関する主要経済国フォーラムを開き、温室効果ガスであるメタンの世界的な排出量を2030年までに20年比で少なくとも30%削減する取り組みを欧州連合(EU)とともに始めると発表し、各国にも参加を呼びかけた。

 フォーラムはオンラインで開催され、日本や英国、EU、韓国、インドネシアなどの首脳が参加。大臣級の会合には中国やロシアも加わった。

 メタンは二酸化炭素(CO2)の20倍以上の温室効果がある。世界的な削減目標には、米国とEUのほか、アルゼンチンインドネシアイタリアメキシコ、英国が参加の意向を表明した。

 ホワイトハウスによると、こ…

この記事は会員記事です。残り207文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら