頭から血、近くに拳銃 当直の巡査部長が自殺か 静岡・沼津署 

[PR]

 18日午前11時45分ごろ、静岡県警沼津署のロッカー室で、同署警務課の男性巡査部長(45)が頭から血を流して倒れているのを、同僚が発見した。巡査部長は病院に搬送されたが、死亡が確認された。近くで拳銃が見つかっており、県警は自殺を図ったとみて調べている。

 監察課によると、巡査部長は午前8時半から当直勤務についていた。遺書などは見つかっていないという。高橋誠首席監察官は「拳銃を使用したのは誠に遺憾。再発防止に努める」とコメントした。