戦争やテロを語り合えないのが悲しい 冷笑されても接点探るコツは

有料会員記事

[PR]

悩みのるつぼ 相談者

 30代女性です。9・11米国同時多発テロをきっかけに、ニュースに関心を持つようになりました。世界情勢について私なりに考えることが増え、中でも日本人ジャーナリストが過激派組織「イスラム国」に殺害された出来事は、今でも過去のものにはならず、世界中で起きている戦争やテロ、かつての世界大戦について、報道を通して思考を巡らせてきました。

 しかし、私の周りには誰一人、そういった話には興味を示す人がいません。「かわいそうだね」「仕方ないね」「外国はこれだから怖いよね」というような言葉を口にして、別の話題に変えたがります。そして、芸能ニュースや流行もの、殺人事件でさえ真実を知ろうともせず言いたいだけ言ったら、すぐに忘れてしまいます。

 最近も、アフガニスタンで米軍機にしがみついて国外脱出しようとした少年が亡くなった記事について、母に話をしたところ、「変な団体に参加したりしないでね」と言われました。私はただ少年がなぜ危険を冒さなければならなかったか、一緒に考えたかっただけなのに……。

 確かに私は無力で、考えることしかできませんが、亡くなった少年も日本人ジャーナリストも、「他人事」とは無視ができないのです。この周りとの温度差にいつも悲しくなります。私の気持ちをどう消化していけば良いのでしょうか。

回答者 文筆業・清田隆之さん

 関心事について語り合える相…

この記事は有料会員記事です。残り989文字有料会員になると続きをお読みいただけます。