大リーグ・大谷、103年ぶりの快挙達成なるか 大記録へ好相手

アナハイム=坂名信行
[PR]

 大リーグで9勝を挙げているエンゼルスの大谷翔平が、1918年のベーブ・ルース以来となる「1シーズンでの2桁勝利と2桁本塁打」の達成に向け、19日(日本時間20日午前5時7分開始)のアスレチックス戦に先発登板する。敗戦投手となった前回10日の登板に続き、2度目の挑戦で快挙達成となるか。

 アスレチックスは大リーグに移籍してから通算5試合と、アストロズと並んで最も多く対戦している。対戦成績は2勝2敗、防御率3・96。互いに特徴を分かっているだけに、各打者との駆け引きが鍵になる。

 着実に抑えたい打者は18日の試合は3番に座り、本塁打を放ったオルソン。大谷は通算成績で11打数1安打と抑えており、アスレチックス打線を寸断するためにはポイントになる打者だ。4番のカナは5打数2安打3三振と少ないデータながらほぼ互角。6番のチャップマンとは8打数2安打となっている。

 また、打者の大谷としても好材料がある。アスレチックスの先発モンタスとの今季の成績は7打数1安打2打点と抑えられているが、通算は17打数6安打で打率3割5分3厘、2本塁打、7打点と苦にしてきてはいない投手だ。

 18日の試合では、4打数2安打で3試合連続安打を記録。特に第4打席には鋭い中前安打を放った。大谷は本来、右翼に引っ張るだけでなく、引きつけて左翼にも広角に打てる。このところ引っ張り気味で快打が出ていなかったが、マドン監督は「美しい。調子がいいときのように見える」と復調の兆しを感じていた。

 自身を援護するためにも、さらに本塁打王争いでトップと2本差の3位(44本)から浮上するためにも、勝負強い一打が期待される。(アナハイム=坂名信行)