性的少数者らのパレード「さっぽろレインボープライド」開催

有料会員記事

川村さくら
[PR]

 性的少数者らが札幌市の大通公園を起点に、札幌の市街地をパレードする「さっぽろレインボープライド」(https://www.sprrainbowpride.com/別ウインドウで開きます)が19日、行われた。

 車のスピーカーからにぎやかな音楽が流れ、「わたしたちはLGBTです」「あなたたちはひとりじゃないです」などとマイクでアナウンスしながら歩いた。虹色の旗や風船を手にした参加者たちが通ると、沿道の人たちは写真を撮ったり、手を振り返したりしていた。

 パレードは1996年に札幌で始まり、今回で25周年を迎えた。歩行者天国でのパレードなどを計画していたが、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言の延長を受け、歴代の実行委員約30人のみが歩いた。

 1時間のパレードのほか、オンラインではトークショーなども行われ、すべてYouTubeで配信した。300人ほどがリアルタイムで視聴した。

 3月に札幌地裁違憲判決が…

この記事は有料会員記事です。残り442文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら