エース石川祐希が奮闘もイランに敗れて準優勝 バレー・アジア選手権

[PR]

 バレーボールの男子アジア選手権は19日、千葉ポートアリーナで決勝があり、日本は前回優勝のイランに0―3(25―27、22―25、29―31)で敗れ、2大会ぶりの優勝を逃した。イランは4度目の優勝。3位決定戦は中国が台湾を3―0で下した。

 日本はイランに、東京オリンピック(五輪)の借りを返された。五輪の1次リーグでは、3―2で競り勝ち、29年ぶりの8強入りを決めた。だが、その試合で最多得点の西田有志や正セッターの関田誠大は欧州へ渡って不在。劣勢で決めたいサーブはミスが相次ぎ、スパイクは相手の高いブロックに阻まれた。エースの石川祐希はネット際の強さを発揮し、第1、第3セットをジュースに持ち込んだが、競り負けた。「最後の1、2点を取り切る力がつかないと。悔しい」