鹿児島県内の100歳以上1887人 最高齢は鹿屋市の111歳

白石昌幸
[PR]

 鹿児島県内の100歳以上の高齢者は15日時点で1887人を数える。人口10万人あたりでは118・74人と全国3位の多さ。20日の敬老の日を前に県が発表した。

 内訳は女性1713人、男性174人で、前年度から143人増えた。最高齢者は鹿屋市の田野辺ミツエさん(111)、男性の最高齢者は南九州市の新屋哲雄さん(110)だった。

 今年度中に100歳を迎える人は991人で、前年度(904人)より87人増えた。内訳は女性869人、男性122人で、女性が約88%を占める。

 生活状況のアンケートで長寿の秘訣(ひけつ)を聞いたところ、性格・信条では「物事を前向きに考える、くよくよしない」「自由気まま(好きなことをする)」「悪口を言わない」「色々なことに興味を持つ」「感謝の気持ちを持つ」などの回答があった。

 食生活では「好き嫌いがない」「腹八分を心がける」「バランスのよい食事」「晩酌」など。趣味や運動では「体を動かす、適度な運動」「脳トレ(クロスワードパズル、クイズなど)」「俳句・短歌」などの回答があった。(白石昌幸)