女子生徒殺害容疑、夫婦を再逮捕 ツイッターのイラスト通じ交流か

有料記事

[PR]

 東京都墨田区の高校3年の女子生徒(18)の遺体が山梨県内の民家の倉庫で見つかった事件で、警視庁は20日、群馬県渋川市の無職、小森章平(27)と妻和美(いずみ)(28)=ともに死体遺棄容疑で逮捕、処分保留=の両容疑者を殺人容疑で逮捕し発表した。章平容疑者は「弁護士が来てからでないと話すことはありません」と供述し、和美容疑者は黙秘しているという。

 捜査1課によると、2人は8月30日ごろ、共謀して山梨県か長野県またはその周辺で生徒の首をロープで絞め、背中を刃物で刺して殺害した疑いがある。司法解剖で、死因は首を圧迫されたことによる窒息の影響が強いとされ、背中に4カ所の刺し傷が確認された。

 捜査関係者によると、遺体が見つかった倉庫にはナイフとロープが残されていた。ナイフには血痕が付いており、生徒のDNA型と一致したほか、ロープの付着物から夫婦のDNA型が検出された。また、夫婦が生徒を乗せたとみられる車からは結束バンドが発見された。警視庁は殺害や拘束に使われたとみている。

 章平容疑者は約2年前、ツイ…

この記事は有料記事です。残り393文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!