立憲・枝野氏、臨時国会での予算委を要求「新総裁の試金石」

2021衆院選立憲

横山翼
[PR]

 立憲民主党枝野幸男代表は20日、千葉県我孫子市での街頭演説後、記者団に対し、来月4日に召集する方針が伝えられた臨時国会で、予算委員会を開催するよう自民党の新総裁に求めた。

写真・図版
記者団の取材に応じる立憲民主党の枝野幸男代表=2021年9月20日午後、千葉県我孫子市、横山翼撮影

 臨時国会の対応について枝野氏は「隠す、ごまかす、説明しない、そういう安倍・菅政権から変わっているのかどうかを示す一つの試金石だ」と指摘。「変わるのであるならば、当然、予算委員会でしっかりとした実質審議に応じていただけると確信している」と訴えた。

 立憲など野党4党は、新型コロナ対策のための法案や予算案を審議するべきだとして、7月に憲法53条に基づく臨時国会の召集を求めたが、菅内閣は応じないままだ。政府は今月17日、菅義偉首相の後継を選出する臨時国会を、10月4日に召集する方針であると衆参議院運営委員会に伝えた。 総裁選に立候補した4氏は、首相に選ばれた場合、臨時国会で所信表明演説と各党との代表質問を行う考えを示している。(横山翼)

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]