第4回塩崎元官房長官、コロナ対応に苦言「政治と科学の新しい関係を」

有料会員記事2021衆院選

聞き手・中田絢子
[PR]

 第4回は、第1次安倍政権官房長官、第2次安倍政権で厚生労働大臣を歴任した塩崎恭久さん(70)に、政府の新型コロナウイルス対応などについて聞きます。

 ――次の衆院選に立候補しない考えを表明されましたが、いま政権や自民党が有権者からどう見られていると思いますか。

 国民が一番不安に思い、納得していないのは新型コロナウイルス感染症の対策だ。特に、変異株が出現し、子どもにまで感染が拡大している中、医療提供体制整備なしに「自宅療養が原則」との方針が出ては、みな心配になってしまう。

 ――これまでの政府の新型コ…

この記事は有料会員記事です。残り2297文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]