「頼まれた」妹を殺そうとした疑い 息子の嘱託殺人罪で起訴された女

[PR]

 保釈中に妹の首を絞めて殺そうとしたとして、警視庁は20日、住居、職業不詳の小玉喜久代容疑者(77)を殺人未遂の疑いで緊急逮捕し、発表した。妹で職業不詳の後藤喜美子さん(74)=東京都羽村市羽東1丁目=は病院に搬送後、死亡が確認された。容疑を認め、「妹に頼まれた」と話しているという。

 福生署によると、逮捕容疑は同日午前11時ごろ、後藤さん宅で、後藤さんの首を絞めて殺害しようとしたというもの。約2時間後に小玉容疑者が「同居の妹を殺してしまった」と110番通報した。署は容疑を殺人に切り替えて調べる。

 小玉容疑者は4月、東京都あきる野市内で同居していた無職の三男(当時47=死亡)の首を絞めて殺害しようとした疑いで警視庁に逮捕され、嘱託殺人罪で起訴後、7月に保釈されていた。

 三男の体には糖尿病の治療薬のインスリンを数本注射した痕があったといい、当時、調べに対して小玉容疑者は、三男が自らインスリンを過剰に投与して自殺を図った後、「これじゃ死ねないから首を絞めて殺してくれと頼まれた」などと説明していたという。