バスケ男子日本代表監督にホーバス氏 東京五輪で女子代表を銀に導く

[PR]

 東京オリンピック(五輪)でバスケットボール女子日本代表を銀メダルに導いたトム・ホーバス監督(54)が、男子日本代表の新監督に就任する。日本バスケットボール協会が21日、発表した。女子日本代表の新監督には、アシスタントコーチで現在アジアカップに向けて暫定監督を務めている恩塚亨氏(42)が就任する。

 2017年から男子日本代表を率いたアルゼンチン人のフリオ・ラマス氏(57)は退任する。ラマス氏は2019年、予選を突破し、日本を13年ぶりとなるワールドカップ(W杯)出場に導いた。また、今夏には45年ぶりに五輪に出場したが、いずれの大会でも未勝利に終わった。ラマス氏は同日、自身のツイッターを更新し、「4年間の日本代表監督としての旅は終わりを迎えた。素晴らしい経験だった。ありがとう」とコメントした。

 男女3人制のディレクターコーチを務めたトーステン・ロイブル氏(49)も契約満了。後任は未定で、決まり次第、発表する。