カップヌードルはなぜ箸ではなくフォークで食べるのか

有料会員記事

ライター・磯村完
[PR]

 1971年の誕生以来、“カップ麺の元祖”として多くの国民に親しまれてきた日清食品の「カップヌードル」が今月18日、発売から50周年を迎えました。この間、あまたのCMがお茶の間に流れてきましたが、最近、読者からある疑問が寄せられました。「カップヌードルのCMは、なぜ箸ではなくフォークで食べるのでしょうか」。その謎を追うと――。

 さっそくカップヌードルのCMをいくつか見たところ、たしかにフォークで食べています。日本では箸で食べるのが一般的ですが、カップヌードルのCMはなぜ、フォークなのでしょうか。日清食品広報部の松尾知直次長によれば、カップヌードルのCMは、発売当初のCMから箸を使って食べるシーンは一度もないのだそう。

 その理由は、カップ麺の誕生秘話と深く関わっているそうです。

 「弊社の創業者で日本初の即…

この記事は有料会員記事です。残り841文字有料会員になると続きをお読みいただけます。