李在明・京畿道知事(与党「共に民主党」)

韓国大統領選挙2022

[PR]

李在明・京畿道知事(与党「共に民主党」)

 1964年、韓国南東部の慶尚北道・安東生まれ。進歩(革新)系与党「共に民主党」に所属。貧しい家庭で育ち、小学校卒業後に工場で働きながら検定試験で高卒資格を取得。奨学金を得て大学を卒業し、弁護士になった。2010年にソウル近郊・城南市の市長に当選。17年の前回大統領選にも挑戦したが、党内選挙で文在寅(ムンジェイン)大統領に敗れた。18年から京畿道知事を務め、文氏と距離を置く。

 実行力に定評があり、人たらしとも言われる。一方で発言が度々、物議を醸し、女性スキャンダルで批判されたこともあった。対日強硬派として知られ、日本が竹島(韓国名・独島(トクト))の領有権を主張するのは「侵略の意思の表れ」と発言したこともある。