李洛淵・元首相(与党「共に民主党」)

韓国大統領選挙2022

[PR]

李洛淵・元首相(与党「共に民主党」)

 1952年生まれ、韓国南西部の全羅南道・霊光出身。進歩(革新)系与党「共に民主党」所属。ソウル大卒後、保守系大手紙の東亜日報に入社。東京特派員を経験し、日本語が流暢(りゅうちょう)な韓国政界屈指の知日派として知られる。

 2000年の総選挙で国会議員に当選し、政界入り。14年に全羅南道知事に転身し、17年には文在寅(ムンジェイン)政権発足に伴い首相に就任した。沈着冷静、理路整然とした語り口が持ち味で、国会答弁では文政権を批判する野党議員を論破する場面も多く、党内外の評価を高めた。その後は党代表も務め、文氏の信頼は厚い。

 ただ、最近は慎重な発言が目立つ。持ち前の鋭い弁舌が影を潜めたとも言われ、支持率は伸び悩む。