道化になって抜け出そう、理不尽な現実から 作家・金子薫さんの新作

会員記事

山崎聡
[PR]

 言葉による架空世界を突き詰める気鋭の作家、金子薫さんが新刊『道化むさぼる揚羽(あげは)の夢の』(新潮社)を出した。小説全体を貫くのは閉塞(へいそく)感と理不尽なルール、そこから抜け出そうともがく人間たちのあわれな姿だ。コロナ禍の現実とつながる寓話(ぐうわ)のような物語はいかにして生まれたのか。

 舞台は広大な地下世界。主人公の天野正一は〈蛹(さなぎ)の形の拘束具〉に入れられ生死の境をさまよったのち、機械工として金属製の蝶(ちょう)を作らされる。監督官に鉄棒で打たれる恐怖におびえ、天野は理不尽な現実から逃避するため、自分のなかに道化の人格を生む――。

 外出自粛が叫ばれるコロナ以降の世界を映したような物語だが、初稿を書き上げたのは2019年の12月初旬だった。「コロナの前なんですよ。中国の武漢で1人目の感染者が出る前にできあがった。だから、コロナの閉塞感とか自粛ムードとは関係がなくて」

 だが思い返せば、17年の『…

この記事は会員記事です。残り851文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら