体長10mのクジラが「船に引っかかっている」 岡山・水島港

菅野みゆき
[PR]

 21日午前8時半ごろ、岡山県倉敷市の水島港付近にある会社から「港内にクジラが浮いている」と水島海上保安部に通報があった。同保安部の巡視艇が海上で発見したが、すでに死んでおり、県営の浮桟橋まで引航した。

 同保安部などによると、クジラの体長は約10メートル。20日午後2時30分ごろ、同港に係留中のタンカー(490トン)から「船にクジラが引っかかっている」という通報があり、同保安部が確認していた。午後4時15分ごろに船体から滑り落ちて水没し、21日朝になって浮上した。港内でクジラが見つかるのは珍しいという。(菅野みゆき)