「やっぱり『面白』は必要だ」 古田新太の無力感を覆した「空白」

会員記事

文・佐藤美鈴 写真・村上健
[PR]

 「空白」に主演する古田新太。得意の「面白」を封印して挑んだ作品で、「やっぱり面白は必要だ」と思い直したという。

テメーの気持ちなんか

 「空白」は吉田恵輔監督のオリジナル脚本。7年ぶりの主演で「ほぼ当て書き」「ソン・ガンホをイメージした」という話にも「へ~と思った」とやや素っ気ない。「思い入れがないわけじゃないけど、仕事の一つですから」。役への向き合い方はどの作品でも一貫しているようだ。

 演じるのは、ある日突然中学生の娘を失ったシングルファーザーの漁師。スーパーで万引きを疑われて逃走後、車にはねられた娘の死を受け止められず、スーパーの店長(松坂桃李)や教師(趣里)、元妻(田畑智子)ら周囲に怒りをぶつける。

 感情の起伏が激しく狂気に満…

この記事は会員記事です。残り764文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら