「大きな声と闘うのは苦しいから…」リコール署名偽造に潰された信条

会員記事

山下寛久
[PR]

 動機や資金の出どころなどは明らかになるのか。大村秀章愛知県知事へのリコール署名偽造事件で、地方自治法違反(署名偽造)の罪に問われた運動団体事務局長(60)らの初公判が24日、名古屋地裁である。

勝手に名前を使われた人、運動にボランティアとして参加した人…。田中被告と次男の雅人被告(28)が初公判で何を語るのか、真相解明が進むのかに注目が集まります。一方、運動を率いた高須克弥氏(76)は公判を「終戦後の軍事裁判」になぞらえました。

 「いったいどこで自分の情報が……」

 愛知県尾張旭市の大房保弘さん(78)は、署名簿に自分の名前があるのを知り驚いた。

 住所や生年月日も正確だった。不気味に感じ、怒りがわき上がった。

 署名の力に何度も助けられてきた。

 部落差別と闘う人々を描いた…

この記事は会員記事です。残り1133文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら