• アピタル

愛知知事「宣言解除、9月末でできるのでは」 感染151人まで減少

新型コロナウイルス

[PR]

 愛知県は21日、151人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち名古屋市は65人だった。

 20日夜時点の入院者は788人(病床使用率44・6%)で重症者は67人(同36・6%)。一時1万9千人を超えていた自宅療養者も5848人まで減った。

 大村秀章知事は21日の定例記者会見で「9月末で緊急事態宣言の解除に持っていけるのではないか」との見通しを示した。一方で、「段階を踏んで規制を緩和していくことになる」として宣言の解除後も「まん延防止等重点措置」か県の独自宣言で飲食店などへの規制を続ける考えを示した。

 県はコロナ患者を受け入れる医療機関に医師が延期可能と判断した入院や手術を先送りして必要な人員を確保するよう要請しているが、この要請も当面維持する。大村氏は「リバウンドは必ずある。医療体制を維持していくことでまずは対応したい」と述べた。

 またワクチンの大規模接種会場での若者優先接種枠について、一部の会場で予約の空きが出てきていることから22日分から、当日朝に判断し、空きがある場合には予約なしで接種できるようにする。その場合は県ホームページで告知する。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]