ごみの中から現金1千万円 姫路の廃棄物処理施設で発見

[PR]

 兵庫県警飾磨署は21日、姫路市内の廃棄物処理施設で、回収したごみの中から現金約1千万円が見つかったと発表した。同署が持ち主を捜している。

 署によると、廃棄物の分別作業中に作業員が見つけ、14日に施設の管理者が署に届け出たという。3カ月以内に持ち主が見つからなければ、所有権は施設管理者に移る。