BTSが訴えたSDGs、日本の達成度は世界何位? 

有料記事

編集委員・北郷美由紀
[PR]

2030 SDGsで変える

 SDGs(持続可能な開発目標)の採択から6年を迎える国連総会に合わせ、米ニューヨークの国連本部ではSDGsに弾みをつける会議やイベントが20日から始まった。最初のプログラム「SDGモーメント」では韓国の人気音楽グループBTS(防弾少年団)が登場。コロナ禍で影響を受けている若者は「ロストジェネレーション」ではなく、変化を前向きに捉えて進んでいく「ウェルカムジェネレーション」だと述べた。若者たちに環境・社会・経済が調和した世界を手渡すためのSDGsの取り組みはどこまで進んでいるのか。日本の現在地と課題を探った。

達成度ランキング 足を引っ張っているのは・・・

 ドイツのベルテルスマン財団…

この記事は有料記事です。残り2248文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    仲村和代
    (朝日新聞デジタル機動報道部次長)
    2021年9月23日15時13分 投稿
    【視点】

     日本の達成度は、なぜ上がらないのか。  アパレル系の企業に勤める女性と、アパレル業界の大量廃棄問題について話した際、こんなことをいわれたことがあります。「私たちも長年、余る前提で服を作り、捨てるのはおかしいのではないかと感じていたので、

  • commentatorHeader
    蟹江憲史
    (慶應義塾大学大学院教授)
    2021年9月22日19時52分 投稿
    【提案】

     BTSのような、世界で影響力をもつ人気グループ、それもアジアからの人気グループがこうした動きをすることは、SDGs推進にとって大きな力になります。  SDGsには経済、社会、環境の三側面が入っていますが、世界第三位の経済大国日本が、