車止めようとした男性を殺そうとした疑い 無断駐車とがめられ暴行か

[PR]

 しがみついた男性を車のスピードを上げて振り落とし殺害しようとしたとして、警視庁は21日、住居・職業とも不詳の橋倉祐治容疑者(39)を殺人未遂容疑で緊急逮捕し、発表した。「殺すつもりはなかった」と供述しているという。

 王子署によると、橋倉容疑者は21日午後4時ごろ、東京都北区の区道と都道で、自営業の男性(57)が車体にしがみついたままの状態で軽乗用車を約110メートルにわたって運転。男性を転倒させて殺害しようとし、左ひざに約2週間のけがを負わせた疑いがある。

 この直前、私有地に無断で駐車していた橋倉容疑者に男性が注意したところ、橋倉容疑者は男性の胸ぐらをつかむなど暴行を加え、車で走り去ろうとしたという。

 男性は、車外から橋倉容疑者の腕をつかんで車を止めようとしたが、橋倉容疑者はそのまま発進させ、間もなく電柱に衝突。橋倉容疑者は車を降りて損傷の程度を確認すると、再び走り出したという。男性は橋倉容疑者の腕にしがみついて並走し、停止させようとしたが、同容疑者は車の速度を上げ、男性を振り落としたという。