タリバンが新国連大使を任命、総会演説も希望 正統性認められるか

アフガニスタン情勢

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 アフガニスタンで実権を握ったイスラム主義勢力タリバンが、新たな国連大使の任命を国連側に通知したことがわかった。国連総会の一般討論演説での発言も求めているが、実現する可能性は低い。

 ロイター通信が21日に最初に報じ、国連のハク副報道官も朝日新聞の取材に、「20日に書簡を受け取った」と認めた。書簡はタリバン暫定政権のムタキ外相名で、報道担当のシャヒーン幹部をアフガニスタン国連大使として任命したと伝えている。

 ハク氏によると、書簡は、米国や中国、ロシアなど9カ国で構成され、各国代表の正統性を審査する「信任状委員会」に送られた。ガニ前政権下で任命された現職のイサクザイ氏も大使職にとどまる考えを表明しており、「大使」が2人並び立つ異例の事態となった。

 アフガニスタンの一般討論演説は27日、国連大使が行う予定。信任状委員会が演説までに何らかの結論を出す可能性は極めて低い。国連総会規則により、現職の大使は委員会が結論を出すまで職にとどまることができる。委員会は年末までに報告書をまとめる予定だが、紛糾した場合には、193カ国による国連総会の投票によって決めることになる。(ニューヨーク=藤原学思