富士急ハイランド「FUJIYAMA」「ええじゃないか」でも負傷者

三ツ木勝巳
[PR]

 富士急ハイランド山梨県富士吉田市)は20日、宙返りコースター「ド・ドドンパ」の利用者が3人と、そのほかのコースターで2人の新たに計5人が軽いけがをしていたことが判明したと発表した。負傷したのは20~40代の男女5人。同園は同日、県に報告した。

 ド・ドドンパ以外では、「FUJIYAMA」と「ええじゃないか」でそれぞれ1人の負傷が判明した。同社はこれまでの調査で、ド・ドドンパで6人が頸椎(けいつい)や胸椎(きょうつい)を骨折し、3人が軽いけがをしたと発表していた。今回の5人を加えると同園のコースターでの負傷者は計14人になった。

 同社の広報担当者は「負傷が確認された人は個々の状況を聞き、専門家に相談しながら一人ひとりに真摯(しんし)に対応していきます」と話している。(三ツ木勝巳)