交通事故装い、保険金詐取した疑い 住吉会系組員ら6人逮捕

[PR]

 仲間内の複数の車でわざと交通事故を起こし、保険会社から保険金を詐取したとして、警視庁は22日、指定暴力団住吉会の傘下組織の組員長島亨容疑者(49)ら20~50代の男女6人を詐欺や詐欺未遂の容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

 同庁は暴力団の活動資金になった疑いがあるとみており、余罪の有無についても調べている。

 ほかに逮捕されたのは、ともに住所・職業不詳の山口直人(24)、西村郁弥(36)の両容疑者ら。

 捜査関係者によると、6人は共謀し、東京都足立区のコンビニの駐車場で3月、レンタカーのトラックを軽乗用車に故意にぶつけて事故を偽装。大手損保会社に保険金の支払いを求め、約35万円をだまし取るなどした疑いがある。けが人が出たり車が壊れたりしたとする資料を提出し、対人・対物の賠償保険金を受け取ったという。

 警視庁に「保険金の不正受給がある」といった情報が寄せられ、同庁が捜査していた。防犯カメラの映像などから、偶発的な事故でないと確認したという。