サウナー、銭湯愛…「社員の素顔」をユーチューブ配信する三越伊勢丹

有料会員記事

橋田正城
写真・図版
職場にマイボトルを持参する三越伊勢丹の社員。動画では働く様子も採り上げている(同社提供)
[PR]

 三越伊勢丹のベテラン社員2人が、同僚社員の素顔を紹介する動画をつくり、今夏からユーチューブで発信している。仕事の様子に加え、趣味のサウナやキャンプといった「オフ」にも密着。ファンづくりの一環で、顧客との接点を増やす狙いがある。

 「デジタルの時代になり、お客様との向き合い方が変わった」。そう語るのは、動画「三越伊勢丹社員の ON and OFF」の企画と撮影を担う林一(はじめ)さん(56)。入社以来、ほぼ婦人雑貨とアクセサリーの販売一筋でやってきた。

 時流の変化を悟ったのは、三越銀座店に勤めていた数年前。紙のダイレクトメールの効果がコストに見合わないと感じ、それならばと、インスタグラムを使ったライブ配信を始めた。欠かさず視聴する「固定客」がつき、「買い物につきあって欲しい」などの要望が寄せられて、顧客と直接つながりができた。ユーチューブの取り組みは、その延長線上にあるという。

 店舗の耳より情報をネットラ…

この記事は有料会員記事です。残り543文字有料会員になると続きをお読みいただけます。