中国恒大、23日期日の社債利払いを一部実施へ

北京=西山明宏
[PR]

 中国不動産大手の中国恒大集団は22日、期日が23日の人民元建て社債の一部の利払いを実施すると発表した。利息は2億3200万元(約39億円)。負債総額1兆9665億元(約33兆円)を抱える同社が社債の利払いを実施できなければ、債務不履行に陥るとの警戒感が広がっていた。

 利払いを実施するのは、深圳証券取引所で取引されている、発行額40億元の人民元建て社債。一方、同日に別途期限がくる米ドル建て社債の利払い8353万ドル(約91億円)については、依然として対応を明らかにしていない。

 また中国恒大は、29日にも4750万ドル(約52億円)分の利払いが必要になるなど今後も立て続けに利払い期日を迎えるため、債務不履行に陥る懸念はぬぐい去れていない。

 上海株式市場は22日、代表的な指数である上海総合指数が小幅に下落して始まった。恒大が上場している香港市場は22日、休場している。(北京=西山明宏)