警視庁「都内の裏DVD店は一掃した」 歌舞伎町などの店舗を摘発

[PR]

 東京・歌舞伎町などで無修正のわいせつDVDを売っていたとして、警視庁は22日、「裏DVD販売店」2店舗を摘発し、責任者や倉庫番など20~50代の男4人をわいせつ電磁的記録媒体有償頒布目的所持容疑で逮捕したと発表した。マンションの一室に店を構え、看板を出さずに営業していたという。同庁は「都内の販売店は一掃した。引き続き警戒する」としている。

 摘発されたのは、新宿区歌舞伎町2丁目と同区西新宿7丁目にあった店舗。保安課によると、海外サイトからわいせつな動画をコピーしてDVDを製造していたとみられ、店舗と倉庫から計約2万1千枚のDVDが見つかった。いずれも、客引きが路上で中高年の男性に声をかけ、店舗に案内する仕組みだったという。

 保安課が19日、店舗や倉庫を家宅捜索し、現場にいた4人を現行犯逮捕した。4人は容疑を認め、「お金がなかったので始めた」などと供述しているという。一方、同課は同日、両店舗の客引きをしていたとして、別の男2人も都迷惑防止条例違反(客引き行為)の疑いで逮捕した。